トナーとインクジェットの関係。

こんにちは!

 

今回はトナーとインクジェットの違いについてお話したいと思います。

 

 

【レーザープリンター】
レーザープリンター(オフィスで使われてる業務用コピー機はたいていレーザープリンターです)はトナー(粉)を紙面に貼り付けてレーザーで表面貼り付けています。

 

 

 

【家庭用のインクジェットプリンター】
インクを使った家庭用のインクジェットプリンターは、液体のインクを吹き付けて紙に染み込ませています。

 

 

トナーは貼り付ける、インクジェットは染み込ませる、という違いがあります!

 

 

 

では、何が違うのでしょうか???

 

 

  1. 印刷速度
  2. 紙の染み具合
  3. 容量

 

主にこの3つが挙げられます。

 

1印刷速度

トナーを貼り付けるほうが圧倒的に早いです。

貼り付けるだけなので確かにそうですよね。

 

 

2染み具合

インクジェットですと、薄い紙だと裏写りしてしまったり、濡れると滲んでしまう可能性があります。

トナーだと印刷面はまっすぐ、両面印刷にも適しています。

ただし、年賀状など、はがきへのプリントはインクジェットのほうがきれいなコントラストになることがあります。

 

 

3容量

インクジェットは基本手のひらサイズ。

トナーはカートリッジが50cmになるものもあるそうです。

 

 

 

 

じゃあどっちがいいのか、という話になるんですけれど。

 

 

 

インクジェットプリンターは、

印刷の性能面で、再現率が高いです。

またコスト的にも、本体価格が安いことや消費電力が少なくてすみます。

 

レーザープリンターは、

大量に印刷する場合、インクジェットに比べて印刷コストが安くなります。

 

 

 

つまり、利用用途に合わせて使い分けるのが賢い選択ってわけですね!

 

弊社では、インクジェットプリンターも!

 

レーザープリンターも!!!

 

 

お取り扱いがございます!!

 

 

 

是非!

用途に合わせてお好きな方をお選びください:D

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です